営業時間AM9:00〜PM6:00 TEL0569-82-4044 Facebook インスタグラム

トップページ > インフォメーション > 分離発注の要点解説!プロジェクト成功への鍵とは

分離発注の要点解説!プロジェクト成功への鍵とは

分離発注は、建設プロジェクトにおいて、設計、施工、監理といった工程を、それぞれ別に発注する手法です。
近年、その活用は増加しており、プロジェクトの効率化やコスト削減、専門性の向上といったメリットが注目されています。
しかし、分離発注にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

この記事では、分離発注の基本的な定義から、運用方法、メリット・デメリット、そして具体的な事例まで解説していきます。

 

□分離発注とは?基本を把握する

 

分離発注とは、建設プロジェクトにおける設計、施工、監理などの工程を、それぞれ別の企業に発注する手法です。
従来、一つの企業が設計から施工、監理までを一括して請け負う「一括発注」が主流でしたが、近年は専門性の高い企業がそれぞれの工程を担当する分離発注が注目されています。

 

1: 分離発注のメリット

 

分離発注には、以下のようなメリットがあります。

・専門性の高い企業を選定できる

それぞれの工程に最適な専門企業を選択できるため、より質の高い設計、施工、監理が期待できます。

・コスト削減の可能性

競争入札が促進され、価格交渉がしやすいことから、コスト削減の可能性が高まります。

・柔軟なスケジュール管理

工程ごとに企業を選定できるため、スケジュール管理が柔軟になります。

 

2: 分離発注のデメリット

 

一方で、分離発注には以下のようなデメリットも存在します。

・企業間の連携不足

複数の企業が関わるため、連携不足によるトラブルが発生する可能性があります。

・責任の所在が曖昧

責任の所在が曖昧になる可能性があり、トラブル発生時の対応が複雑になる可能性があります。

・コミュニケーションコスト増加

複数の企業と連携する必要があるため、コミュニケーションコストが増加する可能性があります。

 

3: 分離発注の基本的なプロセス

 

分離発注では、以下のような基本的なプロセスが考えられます。

・設計業務の委託:設計業務を専門の設計事務所に委託します。

・施工業務の委託:施工業務を専門の建設会社に委託します。

・監理業務の委託:監理業務を専門の監理会社に委託します。

・各企業との契約:各企業との契約を締結します。

・工事の進捗管理:各企業の進捗状況を管理します。

 

□実例で学ぶ分離発注

 

分離発注は、海外ではすでに一般的な手法として広く活用されています。
例えば、イギリスでは、公共事業において分離発注が義務付けられています。
また、アメリカでは、大規模なインフラプロジェクトにおいて、分離発注が積極的に導入されています。

 

1: 分離発注導入による効果

 

分離発注を導入することで、プロジェクトの効率化やコスト削減、品質向上などの効果が期待できます。

 

2: 日本における分離発注の現状

 

日本では、分離発注はまだ十分に普及しているとは言えません。
しかし、近年、公共事業における分離発注の導入が進められており、民間企業においても、分離発注に対する関心が高まっています。

 

3: 分離発注導入における注意点

 

分離発注を導入する際には、以下の点に注意が必要です。

・企業選定:各工程に最適な企業を選定することが重要です。

・契約内容:契約内容を明確にすることで、トラブル発生時の責任の所在を明確にし、スムーズなプロジェクト遂行を可能にします。

・コミュニケーション:複数の企業との連携をスムーズに行うために、効果的なコミュニケーション体制を構築することが重要です。

 

□まとめ

 

分離発注は、プロジェクトの効率化やコスト削減、専門性の向上といったメリットがある一方で、企業間の連携不足や責任の所在が曖昧になるといったデメリットも存在します。
分離発注を導入する際には、メリットとデメリットを理解した上で、適切な計画と準備を行うことが重要です。

この記事が、皆様の分離発注に関する理解を深める一助となれば幸いです。

メールお問い合わせ